睡眠薬を使用する前に

睡眠薬と分類されるものは世界中に多数あります。
そうなると、どの薬を選べば良いのか迷ってしまいます。
不眠症でお悩みの方にはとても役に立ちますが、一方では、依存や、乱用、過量服薬等が非常に問題になっているので、正しい知識を身に付け、適切に使用する必要があります。

 

まず、現在使用している睡眠薬について、また、自分に合った睡眠薬の選び方などを学びましょう。

 

目次

睡眠薬の分類
不眠症のタイプで分かれる睡眠薬
睡眠薬は睡眠障害を治療するわけではない
睡眠に悪影響を及ぼす習慣
睡眠薬効果の強弱は調節できるの?
睡眠薬を使用しても眠れない時は?
睡眠薬の副作用
服用方法やタイミング
うつ病について
うつ病と睡眠薬の関わり
睡眠薬の口コミと体験談

 

睡眠薬通販

 

睡眠薬の分類

睡眠薬は大きく分けると5種類あります。

 

バルビツール酸系睡眠
一番古くから使用されていたお薬です。
「よく効くけどリスクも大きい薬」
睡眠薬としては非常に強いのが特徴で、その強すぎる効果から麻酔として使用される事もあります。
ただしその分副作用も強く、重篤な不整脈や呼吸抑制といった、命に関わる副作用を起こす可能性もあり、他の薬に比べて耐性も依存性も強いものになります。
病院の方でも処方を推奨されません。
難治性の不眠に限り、場合によっては処方されるかもしれませんが極力処方は避けるべきお薬です。

 

ベンゾジアゼピン系睡眠薬
非常に沢山の種類が売られています。
「安全性も高い安定のとれた薬」
適度な強さを持っていて、バルビツール酸系のような深刻な副作用、耐性や依存はございませんが、生じる可能性があります。
副作用としては筋弛緩作用(筋肉を緩めてしまう作用)があげられます。
なので、漫然と使用し続けないよう注意は必要です。

 

非ベンゾシアゼピン系
ベンゾジアゼピン系の改良型の睡眠薬です。
「安全性が高いので処方される頻度が多い薬」
筋弛緩作用を軽減し、転倒やふらつきなどの副作用を減らしたものです。
上記2つに比べ、耐性や依存は少ない上に自然な眠りへ導いてくれるので世界で一番使用率の高い種類です。

 

オレキシン受容体拮抗薬
日中の眠気の持ち越しが少ない睡眠薬です。
「効果の有無がハッキリと別れる薬」
オレキシンが欠乏すると脳波覚醒が保持できなくなり眠なるのに対し、オレキシンの作用を遮断して脳の覚醒レベルを落とし、睡眠に導くお薬です。
ベンゾジアゼピン系と比較すると効果はやや落ちるが、耐性も依存性もほとんど無いので安心して活用できるものです。

 

メラトニン受容体作動薬
大きな副作用がなく、安全性がとても高いです。
「ナチュラルな眠気へと導いてくれる薬」
眠りに落ちる時、脳からメラトニンというホルモンがでます。
これが脳の視交叉上核にあるメラトニン受容体に働きかける事で私たちは眠気を感じ、眠りにつきやすくなる仕組みです。
この「メラニン受容体を人工的に刺激してあげれば眠くなるはず!」という発想から生まれたたのがこの薬です。
安全性にたけてはいるが、作用も強くないものです。

不眠症のタイプで分かれる睡眠薬

睡眠薬は作用時間で分類されます。
作用時間の短い物もあれば長い物もあり、4つのタイプに分かれます。

超短時間作用型・・・~4時間で効果が消失する
寝付きが悪い、入眠障害の人に適しています。

 

短時間作用型・・・~10時間で効果が消失する
夜中に何度も目が覚める中途覚醒の人に適しています。

 

中間作用型・・・~20時間で効果が消失する
朝早くに目が覚めてしまう早期覚醒人に適しています。

 

長時間作用型・・・20時間以上で効果が消失する
睡眠薬よりも、抗不安薬としての服用目的が強いです。

ある人には絶大な効果がある睡眠薬でも、他の人では全く眠気が得られない事があります。
それは、睡眠剤にも適合性があり、不眠の原因が人によって異なるからです。
何か気がかりがあり、眠れないという人もいれば、体内時計が壊れ睡眠リズムが不安定という人もいます。
大切なのは不眠の原因を知り、より合った睡眠薬を選ぶことです。

 

睡眠薬は睡眠障害を治療するわけではない

睡眠薬は睡眠障害の原因を解決してくれるわけではありません。
例えば、不安感からくる不眠症の場合、睡眠薬を服用すれば効果を発揮しますが、根本的な不安材料を解決しなければ服用をやめた途端に眠れなくなります。

 

つまり、睡眠障害を治すためには、他の改善策にも取り組もう、ということです。

 

基本的には生活習慣の改善が脱不眠症の第一歩となることが多いです。
次のような習慣は睡眠には適切ではございません。

睡眠に悪影響を及ぼす習慣

・寝る直前までPCやスマホを使う
・テレビがある部屋で就寝している
・夜中に食事をする
・熱すぎるお風呂に浸かる
・カフェイン飲料を飲み過ぎる
・夜中に激しい運動をする
・寝る前に深く考え込む(考え事をする)
・寝酒をする

など、様々な要因がありますので睡眠薬に頼るだけでなく変えられる所は自分での改善も必要なことですね。
昔より安全になったとは言え、身体にかかるリスクや負担を考えるとどうしても乱用する事での危険性がありますので、必ず医師の管理のもと、必要以上の用量を服用しないように注意して使用しましょう。
まずは自分がどのような睡眠障害にかかっているのか、明確にし、それからの薬の服用をおすすめします。

睡眠薬効果の強弱は調節できるの

初めて睡眠薬を飲む人は恐らく「なるべくであれば薬に頼りたくないから一番弱いものから」と考えるかと思います。
もしくは、いくつかの睡眠薬を試したことのある人は「しっかりと睡眠を取りたいので一番強いやつが欲しい」という人もいると思います。

 

睡眠薬に限らずですが、お薬の強さは「量」で決まります。

 

前途の通り、バルビツール酸系睡眠薬をのぞいた他4種類はどれも強さで言えば大差ないわけですから自分に合った作用時間のものを選び「弱く」したいなら薬を半分にし、「強く」したいのであれば1日に摂取しても良い範囲内で、1錠から2錠にしてみるなどと飲み方を変えてみるわけです。
※尚、用量を変更する場合は過量服薬にならないように必ずかかりつけの医師にご相談下さい。

 

睡眠薬を使用しても眠れない時は?

では、睡眠薬を処方してもらい上限量まで試したけどそれでも眠れない時はどうしたら良いのでしょう?
安易に錠数を増やしてはいけません。
まずは眠れない原因が他にないか考えてみましょう。
睡眠薬の増薬は、副作用や耐性、依存性などのリスクが増える割によく眠れたなどの効果が得られにくいのです。

バイアグラ耐性とは
摂取を続けると効果が薄れていくという現象です。

 

バイアグラ依存性とは
その物質がないと次第に落ち着かなくなり、手放せなくなることです。
依存になってしまうと、無理に断薬すると精神的に不安定になったり、発汗や震えなどの症状が起きてしまう事があります。

睡眠薬の量が多ければ多いほどに耐性と依存は早く形成されるので、安易に増薬することは大変危険です。
1つの睡眠薬を内服可能な範囲内まで飲んで効果が得られない場合は、まず「環境に問題がないか」など生活習慣を改善しましょう。
それでも効果が見られない場合はやむを得ず2錠目の服用を検討します。

 

1錠目がある程度効いていて、もう一歩で眠れそうという状況なら2錠目はそのまま同じ薬を服用するのが良いでしょう。
しかし、1錠目でほとんど効果がみられなかった場合は、他の種類のものを選ぶ方が良いでしょう。
例えば、1錠目が非ベンゾジアゼピン系なら2錠目はオレキシン受容体拮抗薬とかメラトニン受容体作動薬とかです。
それでも駄目な場合は3錠目となりますが、ここは慎重に判断しましょう。
3錠目まで使用すると非常に高い確率で耐性、依存性が形成されます。しかも、2錠目で効果がなかったが3錠目でよく眠れたというケースはほぼございません。
副作用が強くなっただけとう事例が非常に多いのです。

 

お薬の中には睡眠薬以外にも眠りに効果のある薬があります。
例えば「抗精神病薬」「抗うつ剤」「抗ヒスタミン剤」などは不眠症治療の補助薬として用いられてるだけあり、一緒に服用することで効果が得られやすくなります。

睡眠薬の副作用

どんな薬でも必ず副作用はございますが、睡眠薬に関しては特にそういったイメージが強いのではないでしょうか?
薬の種類によっても変わりますが、大体の、睡眠薬の副作用には以下のような物があります。

筋弛緩作用
筋肉の活動が弱まります。力が入らないので、朝起きてからのふらつき等による転倒などに注意が必要です。

 

記憶障害
薬を飲んでから眠るまでの出来事や、夜中に目が覚めた時の言動を忘れてしまう事。超短時間作用型の睡眠薬を使用した際に生じやすいという結果があります。

 

持ち越し効果
睡眠薬の効果が次の日にも残ってしまい、日中にも眠気や頭痛、ふらつきやめまい等の症状が出てしまうこと。作用時間の長い薬を服用した時によく見られる副作用です。
また、ご高齢の方は薬の吸収に時間がかかるので、こちらの副作用が起きやすいです。

 

奇異反応
本来の睡眠薬は不眠からの不安感や焦燥感を取り除くために服用したにも関わらず、作用とは逆の反応が生じる事。
例えば、ちょっとした事に興奮しやすく、攻撃的な行動をしてしまうなど。
極めて稀にしか起こらない副作用だが、過量服用や、アルコールと一緒に服用した場合に起こりやすいです。

 

反跳性不眠
充実した睡眠が得られるようになった段階で薬の服用を中断するか、服用量を減らした時に、以前よりも強い不眠に襲われる事。睡眠薬依存の原因の一つです。作用時間の短い睡眠薬の服用をやめた時ほど起こりやすです。
反跳現象や、リバウンド現象ともいう。

この他にも寝起きの悪さや、日中の倦怠感、ふらつきや脱力感など様々な副作用があります。
筋弛緩作用によって起こる副作用は、筋弛緩作用が弱い睡眠薬を選んで下さい。
またお薬の効果が起床後も続いてしまう持ち越し効果などは作用時間の短い睡眠薬を選ぶことで防げます。
正しく服用していれば「癖になる」「認知症になる」といった事は防げます。
だたし、先程も触れたように、アルコールと一緒に服用すると、強い副作用が現れることがございますので、決してお酒と一緒に服用しない事が重要です。

 

服用方法やタイミング

服薬のタイミングにより、睡眠薬の効果が左右されます。

 

薬の種類に関わらず、効き目が一番高まるのは薬を飲んだ30分~60分後です。
眠る30分~60分前に服用しましょう。
この効き目のピークを逃してしまうと、せっかく睡眠薬を服薬しても寝つきが悪くなることがあります。
ピークを逃したことに気づかず、薬が効かないと誤解して飲む量を増やしたりすることは基本的にはタブーです。
薬を飲んだらすみやかに寝床につくようにしましょう。
上記にも記載がございますが、
アルコールを摂取している場合は服用をやめましょう。
様々な副作用に襲われる危険性がございますので必ずお守り下さい。

うつ病について

うつ病とは、気分障害の一種で、精神障害のことを指します。
分かりやすく端的にご説明すると、言葉では表わせられないほどに辛く沈んだ気分や、喜怒哀楽の喪失が、ほとんど1日中、ほとんど毎日、2週間以上続き、日常生活に支障をきたすような状態のことです。
患者数は近年増加しており、10~15人に1人が、生涯にうつ病を経験すると推定されていて、誰にとっても身近な病気であるといえます。
うつ病は精神面の心だけでなく、実際に身体にも症状が現れるのです。

心の症状

身体の症状

▶抑うつ状態が続く
興味・関心の喪失
過剰な罪悪感
不安感や焦燥感
意欲の低下・脱力感
消えてしまいたい
etc...

睡眠障害
動悸・口が渇く・息苦しさ
身体の重さや痛み
食欲の減退
疲労感・倦怠感
声が出なくなる
etc...

うつ病には様々な種類があり、それに伴い色々な症状がございます。
その中でも、うつ病患者の80~100%の方が睡眠障害で悩まされています。
睡眠障害とは大まかに分けると不眠と過眠の2つですが、うつ病の人はその殆どが不眠症です。
うつ病が原因で不眠が続いてる場合、睡眠薬の服用だけでは良質な睡眠も、うつ病自体もあまり改善される見込みがありません。
また、逆に、不眠症の方はうつ病になるリスクが約4倍上がります。
このように、うつ病と不眠症には強い結びつきがあります。

 

うつ病と睡眠薬の関わり

うつ病によってなる睡眠障害を少しでも改善させる為には、病院へ行き主治医と共に治療していくのにこしたことはございませんが、そんな時間もお金もなかなか作れないという人もいますよね?
しかも、日本には世界で一番厳しい薬事法がございますので、病院でも月に決まった錠数までしか処方できないのです。
その為、個人輸入代行などを活用し、海外から購入する人が増えているというのも納得ですね。

オススメ睡眠薬

 

今では利便性もよく、抗不安薬と睡眠障害が1錠におさまったお薬も海外では開発されています。
有名なところでいうとバスパージェネリックがあり、タイプで言うと超短時間作用型なので、持ち越し効果や副作用が少ないのも魅力です。
睡眠薬だけでいえばルネスタジェネリックは人気があり、タイプは短時間作用型なので入眠障害や、中途覚醒にも効果が期待できます。
即効性があるので効果の実感も、のんだその日に感じられるはずです。

 

 

睡眠薬は世界にいくつも種類がございますので、一番自分に合ったお薬を探してみて下さい。

更新履歴